水道水が髪や肌をいためるって本当?

2018/08/07 | 
コラム
ブログ
シャワーの後に髪がキシキシ感じることはありませんか?

 
水道水は残留塩素に守られて、安全で衛生的にみなさんの家庭まで運ばれてきます。しかし、その残留塩素が、毛髪や肌を構成するタンパク質を酸化させ、髪がキシキシと感じる原因になります。
 
タンパク質からなる髪の毛のキューティクル(毛小皮)は自己再生力がなく、いちど傷ついたらそのままの状態が続いてしまいますので予防が大切です。 また、温水の場合には、肌の乾燥を早めたり、肌を保護する機能である脂質を溶かしてしまう作用もあると言われていますので、残留塩素の入った温水をシャワーで使用すれば、やはり髪や肌への影響が心配されます。 ゼンケンのお風呂用浄水器を使用すれば、残留塩素を除いた温水をシャワーを通して使用出来ますので、いつでも気持ちよく安心してシャワーを楽しむことができます♪ 参考文献:一般社団法人 浄水器協会 http://www.jwpa.or.jp/